システム開発 System

システム開発について

こんなお悩みを解決します

  1. システムを使って効率化させていきたいサービスがある
  2. ユーザーにとって更に使いやすいシステムを追求したい
  3. 現在の開発会社のサービスに満足していない

アイシスの強み

一次請けシステム開発会社として、システム開発のプロジェクトマネジメントと上流工程に強み。

当社では大手の保険・金融系企業様、流通系企業様など様々な企業様から一次請けとして直接ご依頼をいただき受託しております。優秀なエンジニアとQCDを統括するマネジメント力には自身があります。お客様のご要望を有形のものとして形作るとき、私たちはその最適さや将来性を見据えて考えることを大切にしています。お客様が解決したい課題を同じ視座で捉え、開発するシステム像を共に描いてまいります。

保守・改善を長期的にサポート。お客様が本当に使いやすいシステムをご提供。

多くのシステム開発会社やエンジニアは開発したら終わり、となりがちです。しかし、お客様やシステムを使うユーザーにとっては、開発後からが始まりとなります。時代や技術が変動していこうとも、そのシステムがお客様にとってずっと使いやすいものであり続けるために、私たちは保守・改善の工程を重要視しております。当社の経営理念である永続的な信頼関係を築いてまいります。

様々なアプリ/クラウド開発に対応。

当社はWEBアプリ、クラウド、スマートフォン開発などを得意としております。多くの業種やシステムに対応してきたことで開発実績ができノウハウを蓄積しております。また、自社サービスを展開する中で様々な技術や開発手法を検証することで、新しい技術にも対応して参りました。技術の移り変わりの激しい業界にあって、当社はお客様に最適な技術・開発手法をご提案いたします。

アイシスの開発の流れ

  1. 要件定義

    最初に行うのが「要件定義」と呼ばれるものです。お客様とのお打ち合わせを通して、システムによって実現したいことや解決したい課題などをお聞きし、どんなシステムが必要であるか、その機能や仕様、運用方法など、開発に必要な要件を定義していきます。ここで定義した内容に沿って以降の工程を進めていくため、いかにお客様との意思疎通ができるかがポイントとなります。アイシスでは、ここのコミュニケーションを特に重視します。

  2. 設計

    次に、要件定義に基づいてシステムを設計していく工程に移ります。主に、ユーザーが「見える範囲」を決定する「外部設計」と、作り手がシステムの機能を実装するための「内部設計」があり、ここでシステムの全体的な設計イメージを詳細設計書として落とし込んでいきます。ここまでの工程が一般的に「上流工程」と呼ばれており、一次請けであるアイシスの特長となる部分でございます。

  3. 開発・テスト

    設計を一通り終えたら、いよいよ作るフェーズに入ります。このフェーズからがいわゆる「下流工程」。上流工程で設計した仕様に沿って、エンジニアがプログラミングを行い、システムを形作っていきます。一般的には、ここで二次請け、三次請けに委託していくことが多くありますが、アイシスではここも一気通貫でご対応いたします。開発を終えたらリリースをする前に、プログラムに不具合がないか、又、全ての機能が正しく動作するかを丁寧に検証いたします。

  4. 納品・リリース

    テスト工程が完了すると、システムをお客様・ユーザーが利用できるような環境に移行します。古いシステムをお持ちの方であれば、古いシステムから新しいシステムで業務を行うためのデータ移行を行うことになります。

  5. 保守・改善

    保守・改善は、システムをリリースした後に改修やアップデートを行う工程です。システムを安定稼働させるために必要となるもので、アイシスでは、この保守・改善工程を最も重要視しております。開発会社はリリースまでを重視しがちですが、システムがユーザーにとって「本当に」使いやすいかどうかは、リリース後に初めて確認することができます。実際にユーザーに使われる中で見出される改善点をしっかりとキャッチし、お客様と共に良いものを追求し続けます。

アイシスの開発実績

日本生命/NIT

お客様について

国内最大手の保険会社である日本生命様と、日本生命グループのシステム開発を担うニッセイ情報テクノロジー(NIT)様。アイシスは両社のシステム開発に長期にわたり携わっております。あらゆる保険商品をお持ちで、多くのグループ会社を抱えておられます。

私たちの取り組み

これまで当社の2/3の社員が複数社の生命保険、損害保険のシステム開発に携わってきました。アイシスでは保険業界の知識を深める社内研修を実施しており、ITスキルだけでなく業務知識も深めております。保険は一生の商品。システムもまた長期で開発、保守する必要があります。アイシスの経営理念「永続的な信頼関係」でこれからも長期にお付き合いをさせて頂きます。

株式会社ブロードリーフ

お客様について

自動車アフターマーケット向けITサービスにてトップシェアを有する東証一部上場企業。ASEAN・中国への海外展開を含めサービスは多岐にわたりますが、プロダクトのクラウドサービス化という長期・大規模計画を進めていらっしゃいます。

私たちの取り組み

クラウド化の開発規模は大きくプロダクトは多岐に渡るため、求められる業務知識と開発能力は高いものでした。当社は既存プロダクトの開発実績を礎として、新技術やAWS、GCP資格を保有する技術者を増やし対応してまいりました。開発本部をはじめ、ユーザー部門や営業部門など多くの方々と様々なコミュニケーションをとり信頼をいただいております。

オーケー株式会社

お客様について

「高品質・Everday Low Price」の経営方針のもと、関東を中心に130店舗以上を展開する食品スーパー。毎日が特売のため特売日がない、オネスト(正直)カードで正直な商品情報を伝えるなど明確な方針を掲げていらっしゃいます。

私たちの取り組み

お取引を始めさせて頂いたのは、受発注システムの刷新プロジェクトでした。お客様の業務を理解し徐々にお客様と信頼関係を築き、担当領域も増えていきました。業務知識や既存システムの理解が深まるにつれ効率的な設計・開発を行うことができております。オーケーのファンが増え店舗数の急拡大を裏で支えるシステム開発の一端をアイシスが担っています。

セブン&アイ NM

お客様について

コンビニエンス事業を中心に、小売流通の大手企業であるセブン&アイ。セブン&アイグループのデジタル戦略を支えているのが、ネットメディア(NM)様です。ECサイト、モバイルシステムの企画・開発などを行っていらっしゃいます。

私たちの取り組み

弊社は2015年にリリースされたオムニ7の開発から携わりました。多くのベンダー企業、エンジニアと協力しながら進んでいったプロジェクトです。現在は、セブン&アイ(お客様)側の立場で、ベンダーコントロールやプロジェクト管理、システム企画などのお手伝いをさせていただいております。