ブロックチェーン技術

ビットコインに代表される仮想通貨の技術基盤は、2008年に理論提唱され、 2009年にリファレンス実装としてビットコインで公開されました。 そして、2015年頃から金融機関を中心に研究開発が盛んになっています。 ブロックチェーンは、この仮想通貨サービスの提供に必要不可欠な技術です。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンを説明する上で欠かせない2つの特徴を紹介します。

No. 特徴
1 分散型データソース
2 データ構造

分散型データソース

ブロックチェーンは、「分散型データベース」を採用しており、2009年稼働開始以来、ダウンタイムがありません。

Point1 トランザクションの確定について「コンセンサスアルゴリズム」という手法を用いており、 分散型データソースは、サーバがトランザクションを確定させます。
Point2 全てのマシンが取引台帳を保持することで高可用性を実現し、障害時にサーバがダウンしてもシステム全体がダウンしないようになっています。

データ構造

ブロックチェーンのデータ構造は、「データ改ざんへの強い耐性」「データ同期が容易」という特徴を持っています。

データ改ざんへの強い耐性

不可逆暗号化を行っているため、改ざんへの強い耐性を持ちます。

データ同期が容易

ブロックチェーンでは、データを時系列に並べているため、データを同期させることが容易です。



ブロックチェーンの特徴を紹介してみましたが、いかがでしょうか? 他にも特徴がありますので、興味がある方はぜひ、調べてみてください。